ご 挨 拶 会 社 沿 革 組 織 図 社 是 神 棚






















 石田家の歴史 
 SINCE1919~ 

 ISHIDA Family History 













↑クリック!YouTubeで再生
 会長を偲ぶ


↑クリック!YouTubeで再生


↑クリック!YouTubeで再生


↑クリック!YouTubeで再生

  ご 挨 拶  President's Message

大正8年創業、歴史と感性と技術が誇りです。
Founded in 1919. We are proud of our history, sense and technology.
2021年5月1日で創業102年を迎えました。SINCE1919~
On May 1, 2021, we celebrated the 102th anniversary of its founding.
  代表取締役
  石田 全功
   昭和32年(1957年)1月1日生
   MASANORI ISHIDA
   President & CEO
 
 創業102年を迎え… since1919(大正8年5月1日)~2021
 102th Anniversary since its founding. Since 1919 (May 1) -2021

石田造船の歴史は初代・五左衛門から二代目・光春へと引き継がれ私にバトンタッチされ今年で102周年目を迎えました。
私が昭和59年(1984)に入社してから37年目となり27才で何も分からなかった私に現場と経営学を教えてくれた光春の顔が目に浮かび若かりし頃の日々が懐かしく思い出されます。
平成12年、2000年を迎え21世紀となり新しい門出を祝いました。
光春も社長在任50年と言う中々、真似の出来ない長期間、社長を努め節目の年でもあり私も男の厄年(42才)でもあることから「厄を福に変えよう」と光春が社長を退き会長に就任することになり伊勢神宮で神様の「茅葺屋根のおすうや」を購入し社長室に「立派な神殿」を設け、工場内にも「分室」を設けました。

     
茅葺き神棚(高60×幅76×奥43cm) 社長室 神棚 工場 神棚

光春からは「命がけで家業を守れ!!何の役にも立たない男のプライドは捨て、どうしたら出来るかだけを考え必ず実行しろ」また『潮、風、時を読み、ここぞと思ったら打って出て引くタイミングも怠るな。方針転換は早めに決断し臨機応変に対処しろ!』と言われました。
ちょうど造船不況の年であり倒産が相次ぐ中、どうすれば生き残れるかを毎日考えるようになり色々なシュミレーションをし他の造船所との違いを打ち出すことにしました。
小さなファミリー企業とし生き残るには他社との差別化しか無いと決断し銀行から約15億円を借入し設備投資を実施しました。工場の外観を「ホワイト・ベース」をイメージした船の形に変え2基ある船台にドックゲートを設けセミドライ・ドック方式にしました。

 

また工場内の建物3塔に乗員が宿泊出来るドックハウスを53室新設しジャグジー風呂など最新設備を整えました。

   
広々としたドックハウスのリビング ジャグジー

また、別棟の倉庫を社長室に改造し隣の部屋に、いつお客様がいらしても食事が出来るよう「おもてなし専用」のスペースを確保しメインに「鉄板」や「囲炉裏」を作りました。

     
社長室 囲炉裏 鉄板

これら全ての建物の設計は船の設計と同じように私が設計し内装にも気を配り社員一丸となって仕事の暇な時に皆んなで数年かけて手造りしました。

   
おもてなしのスペース おもてなしのスペース

また地域の人々が桜見物し憩いの場となれるよう父が地蔵鼻に「光春公園」を手造りしました。
お金は無かったけど、この時の決断があったから今の石田造船があると思います。

   
光春公園 桜 光春公園 桜

私も先代に負けじと船造りに人生を捧げ1隻たりとも同型船が無く、何隻建造しても「1隻入魂」で新しいアイデアや今までの経験を活かした船造りに邁進し進水するまでが不安で夜中に目が覚めることもしばしばあり計画通り浮くと感無量で喜びもひとしおです。
今後も心を豊かに保ち笑顔を絶やさず精一杯の努力を重ね初代・五左衛門、二代・光春の功績に感謝し、まだまだ、たくさんの「夢の船」を設計・建造したいと思います。


社長・石田全功
サプライズ花火 サマーフェス 村上海賊・甲冑/松明

「海・船・子ども達に夢を!!」をキャッチフレーズにスタートした「サマーフェスティバル」も令和元年で5年目を迎え「海の記念日」に中国運輸局・因島海事事務所長より表彰されました。
令和2年・3年とコロナでフェスも中止しましたが地域を元気にするためサプライズ花火を打ち上げ沢山の人々に感動を与え喜んで頂き嬉しく思っております。
山あり谷ありの波乱万丈な人生を生きて参りましたが、これからも仕事に励み人生経験を生かした地域貢献を進め出来る範囲で人を幸せにするために徳を積んで参りたいと思います。
これから先も応援、宜敷く御願い申し上げます。

光春公園 地蔵鼻 氏神・五柱神社 菩提寺・明徳寺
↑このページの先頭へ戻る